色えんぴつ 発達障害研究会 in yugawara

irotoiro.exblog.jp
ブログトップ

第二回勉強会

第二回目 発達障害当事者勉強会
6月17日(水)19:00~21:00
場所 宮上幼稚園
書記 高橋さん  文責 田口さん

◎会の名前が決定しました。
発達障害当事者の会
色えんぴつ
子供たちは十人十色、それぞれの色があり、どれもみんな素晴らしい!という意味をこめました。

その他、運営上で決まったこと。

1.司会や書記は当番制でやっていく。
2.諸経費にあてるため、一回につき一人百円ずつカンパを集める
3.次会の会合 7月15日(水)宮上幼稚園 19時~
4.次会から当事者研究を始める
 自分の子供の症状に親がユニークな病名をつけよう!
 どうして子供たちが不安になるか、怒るか、問題を起こすか、研究する。
 そしてどうしたら対応できるか、家族ならではのユニークな解決策を発表しよう!
 毎回、発表者を決めて一人ずつ発表しよう。
 次回発表者→榎本さんに決定!
 
5.日本障害者ネットワークの発達障害に関するサービスハンドブック。
 希望者にまとめ買い→佐々木、高橋は、高橋奈、湊、山口、
 鷲尾(2)
 次回にお配りします。

●みんなで話し合った問題
 発達障害の一年生の男児。4月から新学期が始まり普通級に通っているが、体育の時間が苦手。着替えがうまくできない。サポートがつかない。いまは体育のある日は学校に行きたくないという。どうやらクラスの子たちにからかわれている様子。流動的な授業が苦手。毎朝学校まで送っていくが不安。

・いま小六だが、小一のとき学校に行きたくないと言い出した。親が不安になると子供もそれを感じ取って不安になる。どんとしていると子供も落ち着く。
・親が悩んでいると子供も不安定になるので、おおらかにかまえていたほうがいい。
・教育委員に相談したところ「直接、校長に相談してみるのが一番早い」と言われたがそうだろうか?

 発達障害のある高校生の男児です。無口でお友達と話すのが苦手な子だったけれど、あるとき、係の連絡で発言したら、クラスのみんなが拍手をしてくれたそうです。見た目は派手な子たちだけれどみんな優しい。子供の個性を理解してくれたことがうれしかった!!

●情報
神奈川県の発達障害支援センター(公的機関です)
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/13/1356/sienc/
自閉症等の特有な発達障害を有する障害児者に対する支援を総合的に行う機関です。神奈川県の県域(横浜市、川崎市を除く)の拠点として、制度の狭間にあって従来の施策では対応できなかった自閉症等の発達障害児者への支援をしています。
当センターへの相談を希望される方は相談専用電話におかけください。
相談専用電話(0465-81-3717)

もよりの県指定支援センター
* 中井やまゆり園
  〒259-0157 神奈川県足柄上郡中井町境218
  電話 0465-81-0288
  FAX 0465-81-3703
[PR]
by yugawaramachi | 2009-07-16 16:02